「悲報」トマムが中国系企業に買収される・・・これからどうなる?

〜星野リゾート、トマムが中国系企業に買収される〜

アルファリゾート・トマムは、星野リゾートが運営する大型リゾートであり、主にスキー場経営で成り立っている。

近年、中国人客の増加を受け、買収されたらちょっとやだなと思っていた矢先の買収である。

スキー好きの筆者はトマムに1回だけ行ったことあるが、

スキー場

温泉施設

宿泊施設

グルメ

*トマムの食事会場


どれをとってもすばらしいものがある。

 

☆ どうかトマムの自然を壊さないでほしい

中国系企業の買収となると、その事業計画が心配である。

いまある施設を取り壊し、更地にする、などといったことで、自然環境の破壊の心配もある。

 

☆ 買収は吉と出るか、凶とでるか。

最近、北海道に限らず、中国人客がものすごく多い。

みなさんも、観光地に行けば、どこもかしこも中国人、という体験を経験はしていないか。

別に、中国人客が増加することは全く悪くない。

なぜなら、地域の活性化につながるし、お金をいっぱい使ってくれるからだ。

ただ、一部のマナーが悪い観光客(何も中国人に限ったことではないが)の対策はぜひしてほしい。

また、中国と日本の文化の違いにも気をつけねばなりません。

中国人が日本にきて、当然自分たちの文化・習慣がそのまま日本でも通用すると思われたら困ります。

ポイ捨て、ゴミのおき去り、列に横入りする、大声で叫ぶ、騒ぐ・・・など

まるでこどものような非常識な中国人に対して、しっかりと教育できるような、

今回の買収する企業は、そんな中国企業であってほしいですね。

 

☆ トマムは最高のレジャー施設

スケートリンクにスパ、スキー場、どれをとっても一級品。


 

*上記画像には、一休のホームページにリンクしてあります。トマムのすばらしさについて分かると思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。