男と女の違い vo.6 女性はメール内容の半分は間違って理解している

男と女の違い vo.6 女性はメール内容の半分は間違って理解している

多く男の人は、メールを打った方は、メールの方が伝わると思って打っている訳です。

なぜなら、メールの方が、順を追って、より詳しく考えながら打てるからです。

しかしながら、これは男性のみが思うことです。

実は、メールを送られた女性の50%は、男性の意図とは別の意味で受け取ってしまうことが、アメリカの研究機関の実験データとして出てきた様です。

これによりますと、女性は、「すぐに判断をする能力に劣っている」らしいのです。

そして、自分の中で勝手に思っていることと置き換え、勘違いしてしまうとのことです。

ですので、

本当に重要なことは、女性にはメールではなく、電話・直接に伝えたほうがいいそうです。

 

〜あまり言ってはいけないこと〜

★男性→女性

男性が、女性と話している時に、言わない方がいいフレーズがあるそうです。

「僕は違うと思う。」「僕はそうは思わない。」

これはアカンそうです。

なぜなら、女性は、自分の意見に同意されないと、自分のすべてを否定されているように勝手に思い込んで、不機嫌になるそうです。(笑)

なので、男性は、ちゃんと対象を絞って反論しないといけないらしいです。

「キミの〜はすごくいいと思う。でも、〜はちょっとちがうんじゃないかな?」

こういわないと、多くの女性は、不機嫌になってしまうそうですよ。

 

★女性→男性

さて、女性もかなりめんどくさいですが、男性はもっとめんどくさい生き物です。(笑)

男性は、勝手に「プライドを傷つけられた」と思い込んで、不機嫌になる生き物です。

例えば、女性が、

「たまには休んでね。」

と、メールで言ったとしましょう。

これ、NGです(笑)

多くの男性は、これにいらっと来ます。

「そんなこといわれなくても分かっとるわ」や

「たまにはってなんやねん」

と、勝手にプライドが傷つくそうです。(笑)

これ、むずかしいですよね〜〜

ほんの些細な一言でも、プライドが傷ついてしまいますから、

女性も言葉に気をつけないと行けませんね。

 

 

〜まとめ〜

男性・女性両方に言えることですが、気をつけるべきものは、相手の気持ち。

相手はどのように思ってしまうんだろう、ということを常に意識していれば、

少なくとも、初対面の人から嫌われることはないでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。